FC2ブログ

細々楽板

 
07
 
いくつかのライブレポートを忘れ、
忘れ、
忘れ。


いつのまにか2019年となっています。
何かをやっているといくつも忘れることがある。
自分の悪いクセです。

Twitterでぼけっとつぶやいていることも多いのでなおさらですね。


メモみたいなものだけれど、何か書こう。


・初めてライブというものをした。
 (Vo担当もした)

・相変わらずのオタク活動。でも楽しいのです。生きがい。

・zabadak、変わらずに好き。いつも3日付近になると、ふと空を見上げてしまう。

・ザバうたにも何度か参加をした。
 新規のため、まだ行ってみようかどうか迷っている人たちに何か参考にならないか考え中。

・M3にお手伝いとしてサークル側の立場になった。見え方がまた違う。

・もっとなにか作って、手にとって、見てもらいたい欲高まり中。

・自分から何かに参加することをがんばった年であった。



追い込んでいるわけではなく。
やりたいからやろうと。そう思うだけで終わらないように心がけていました。

願わくば、続けられますように。
    08:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
2017年2月18日の日記です。
書くの忘れてました……!!

セットリスト(オフィシャルより)

第1回目【宵の部】
1. にじ・そら・ほし・せかい(vo.小峰公子) [SIGNAL、いのちの記憶、他]
2. マーブルスカイ(vo.青木孝明) [桜、TRiO、他]
3. 点灯夫(vo.楠均) [音、TRiO、他]
4. 小さい宇宙(vo.小峰公子) [私は羊、他]
5. 百年の満月(vo.青木孝明) [桜、TRiO、他]
6. 遠い音楽(vo.小峰公子) [遠い音楽、TRiO、他]
7. 生まれては別れにむかうわたしたちのために(vo.小峰公子) [Wonderful Life、Platinum]
8. デルバジル(vo.小峰公子) [IKON〜遠い旅の記憶〜、他]
9. POLAND(with風部) [ZABADAK-I、WATER GARDEN、他]



実は勘違いして、通しでないチケットを購入したので、1回目のみ。

プラネタリウムで聴くのは、郡山以来です。
始まる前までは、館内の色々なコーナーを見ていました。
蝶とか。
いいね……。


さて、コンサート。
プラネタリウムの映像を駆使して、zabadakの辿ってきた道を表現されていました。
小惑星zabadakの軌道もありました。

今年は天空のどこかに、見えないけれど通っているようです。
今はどこにいるのかな。


「点灯夫」は演奏も歌も、映像の演出も卑怯だったな。

全体的に、吸い込まれるような。zabadakワールドに引きずり込まれました。

でも、少し寂しかったな。

最後には、吉良さんがTwitterでつぶやかれていた印象的な言葉が映し出されていました。

この言葉は、自分も好きで、心にとどめておきたいものです。
    17:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
2017年1月14日 本八幡・cooljojo jazz+art 「ZABADAK LIVE」

いってきました。



セットリストはオフィシャルより。


+++++++++++
セットリスト [ ]は楽曲収録アルバム、

1. Birthday [ひと]
2. 樹海 [平行世界]
3. にじ・そら・ほし・せかい [SIGNAL、いのちの記憶、他]
4. 砂煙りの街 [飛行夢]
5. 五つの橋 [桜]
6. コフルヤマ [ここが奈落なら、きみは天使]
7. グスコーブドリの伝記 [光降る朝]
8. 収穫祭 [IKON〜遠い旅の記憶〜]

(休憩)

9. Tin waltz [桜]
10. 生まれては別れに向かうわたしたちのために [Wonderful Life]
11. Still I'm fine [SIGNAL]
12. 遠い音楽 [遠い音楽、宇宙のラジヲ、他]
13. POLAND(with風部) [ZABADAK-I、WATER GARDEN、他]
14. デルパジル [IKON〜遠い旅の記憶〜]
15. いのちの記憶 [いのちの記憶]
16. 夢を見る方法(vo.鬼怒無月) [遠い音楽]

encore

Easy Going [WELCOME TO ZABADAK、他]

++++++++++++++


全体的にゆったりまったり座れる場内でした。
ただ、絵が飾ってあるため、ノリノリになると客席の絵が落ちそうになるのでヒヤヒヤしました。
展示物アリ系のところは、このへんはファンとして注意しないといけないかな……。
周囲も大事にね。


「樹海」
いやあ、あいかわらずサビでおぼれそうになる歌だ…。
どこかで読んだような気がするけれど、
小峰さんは一発でいけるけれど吉良さんはサビを一息で歌うのがきついと仰っていたような記憶がある。
これ、どうでしたっけ。おしえて古参の方!


「にじ・そら・ほし・せかい」
最後のプログレ~なコーラスはカット。
切ない感じで終わらせました。


最近、上野洋子さんとメールをしたという小峰さん。
「今も(洋子ちゃんの曲を)歌ってるんだよ」と言ったら「うれしい」と返事があったとのこと。

そういえば、2014年のティアラこうとうではめっちゃレアな曲聴いたわ……。

「五つの橋」
観客のコーラスと五つの橋手拍子が訓練されてました。
こええ。
あと、鬼怒さん途中歌詞間違えてたw


「コフルヤマ」
郡山で聴いたコフルヤマを思い出してしまった。
心の中では、吉良さんのコーラスが響いていた。


「収穫祭」
裏拍から5拍子からの6拍子の手拍子・
休む場所は休む。ソロのところはひたすらリズムよくたたく。
うわあ訓練された人しかいないなにこれおもしろいwww


「遠い音楽」
観客そろって歌いました。


「POLAND」
風部すごすぎ。
アンデス多すぎ。ほしくなった。
自分はまだできないので笛をもって来ませんでした(照)
なので「ハッ」とコーラス。


「いのちの記憶」
最後のほうはみんなで歌いながら。
すきすぎるよこの歌。


「夢を見る方法」
ソロの拍手はみんな気合がはいるよね!!!


「Easy Going」
小峰さん、ドクターストップはいってたのにアコーディオンもって立ってしもうた。
体大事にしてくださいお願い!

小さいハコだとね、みんな歌うよねこれ。
コーラスは観客まかせだぜ。

Easy Going叩きはもう当たり前ですね。
本当、これ何年に作られた曲なんだ。





とりあえず、zabadak大好きだぞコノヤロ
    11:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
2016年11月20日


・The World
・夢幻カイロス迷宮譚
・堕天ソリスト
・ナハーツェルの虜
・マドモワゼル毒林檎
・あかいくつ~乙女の純然たる物欲に寄せて
・ジェノサイド・シンデレラ
・future girl
・星狩り(インスト/スーパー小狐丸タイム)
・ラ・プティ・プリンセス
・眩闇屋敷からの招待状
・The 1000th guest
・3LDK GhostHouse(狼少女隊バックダンサー付)
・銀河ステーション
・ラブソング
・空中懺悔
・純愛裁判

~アンコール
・何にもしらないCandy Eyes
・Justice Lily -夢の果てに見る夢
・ギンガムフリーク☆タータンホリック(狼少女隊バックダンサー付)



Queen of Wandの初ワンマンに行ってまいりました。
セットリストは小狐丸さんからお聞きして、お許しを頂いたので掲載させていただきました。


よくよく考えたら、これだけ永く活動してワンマンというのは初という。

一応、何を演奏するか予想はしていました。だいたい合ってました(でーん)
おそらく人気の高い曲……知られていそうなもの、つまりカラオケに入ってる曲と
今までのライブでやったことがあるやつ中心だな! とただそれだけです。

結論から言うと、満足です。ハイ。
ライブの完成度の高さは対バンありのライブで聴いたことがあるため知っていましたが。
今回は全部通して歌う。体力が必要なアレです。


「夢幻カイロス迷宮譚」は以前のライブのアレンジ音源使いまわしかな?
ゴースト仕様になってたような……。

一番びっくりしたのは…「future girl」
CDだと、とある場所で声がひっくりかえって収録されっぱなしなんです。
実はCDでこの曲を初めて聴いたときそこがめっちゃ気になって……。

三重野瞳さんの「ガリレオの夜」でも思ったことあったなあと思いをはせながら。


まあ、ライブの生歌でそういうのまったくなし。
超上手になってます。すごいっすね。


あと、インストタイムがあるのはうれしかったな。
小狐丸さんはあくまで後ろにいるのがちょっとさみしい。彼なりのポリシーらしいけれど。
それと、バックコーラスも流されていた。前はバックコーラス無しの音源だったと思う。



最後は「ギンガムフリーク☆タータンホリック」でシメ。
振り付けあると楽しいね。


その後は物販…なんですが。

タオル売り切れ……。
コミケでも、違うところでもめっちゃ使えるタオルがーーーーー!!!
タオルがーーーーーーーーーーー!!!!
いやあの、本当タオルは使えるグッズだし、複数買いもしやすいんで。
おのれーーーーーー!!!

何せ自分、コミケでスペースいるときにBEMANIのタオル普通に使ってますからね。
オマケでついてきたRyu★シャツも着てたことあるような……。

あ、そういえば。
ちょっと睦鬼さんのマイク、エコーがかかりすぎてたかな…。
なんか、生の声のいいところが少し減ってた感覚でした。


そんなわけで、ひと時の渋谷の夜を楽しんできたのでありました。



次回のライブはこちらのようです。

2017年2/25(土) 六本木morph-tokyo
出演:Wonderfuloop / MISHAORU / Queen of Wand / Beret of crow style. / 森山優
    19:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
zaba1023.jpg
zaba1023-setori.jpg

zabadakライブへ行ってきました。

Birthday
月と金星
グスコーブドリの伝記
樹海 -umi-
生まれては別れにむかう私たちのために
河は広くても
双子の星 (ここから吉良草太郎氏参加)
いのちの記憶

~休憩~

PACO
遠い音楽
Still I'm fine
約束の歌
相馬二編返し
Deir Paidir
人形たちの永い午睡
easy going

アンコール
Tin Waltz



最初からBirthday……。生まれて生まれかわるんですね。
グスコーブドリはあいかわらず楽しそうに演奏される。小峰さんがキメのところでまちがえてしまったらしい。
トークで小峰さんは正直だねー、と。
ほかお二人は「オレは間違えてないというのを貫き通す」「私は間違ったら次も同じ間違いをする」とのこと。
いさぎよい(?)

・河は広くても
さすがに小峰さんの目に涙と、少し声がつまる感じに。
いや、わかります。これは歌詞がね、あかんからね…。

吉良さんのPCには「サリーガーデン」のギター・三線と小峰さんのブルガリアンボイス風のものが残っているそうです。
こういうコンセプトでやりたいね、とお話していたようでした。

実は、ライブに来る最中に同行者とサリーガーデンの話をしてたので、驚きました。
シンクロしとる!


・双子の星
ここでご子息、吉良草太郎さん参加。そして吉良さんのベース。
19歳、若い! ベースのほうが年上だ!
なお、イベント発信情報かなにかで「吉良マサアキ太郎」と紹介されていたようです。どんな名前だw
この曲は、彼が小さなころから好きだったそうです。

そして幼少時、彼は「家にはお父さんと小峰公子という人がいる」という認識だったとのこと。
そうか…呼び方によってはわからないもんなあ。

・いのちの記憶
訓練された手拍子につきる。
この曲大好きだ。吉良さんがライブで披露されたときを思い出した。

・PACO
ここでコレ持ってくるんか…。
この曲、ベースがすっごい好きなんですが、草太郎さん以前聞いたときよりめっちゃうまくなっとる。
ベースソロ決まってました。かっこいい!
お伝えしたら、ご本人もこの曲のベースが好きなようです。


・遠い音楽
ベースが入るバージョンは初めて聴きました。
非常におちつく感じですが、寂しい。
余計哀愁漂うんじゃよ……。


・Still I'm fine
小峰さんと草太郎さんがハモる。
声質が、どことなくお父さんに似てるんですね…草太郎さん。
(お2人の中間のような歌声でした)
最後のほうは主旋律を歌ってらした。


・相馬二編返し
客席からのかけ声が訓練されてて笑ったw
ですよね!!!

・Deir Paidir
訓練された手拍子(そこかい)


・人形たちの永い午睡
高音コーラスは小峰さんと草太郎さん。
けっこう声出るんやな、草太郎さん。ちょっと今後が楽しみだなあ。


最後? easy goingですよ。
これぞzabadakですよ。いつの曲だ。まったく古くないわ。
みんなでコーラス!!


アンコールはTin Waltz
小峰さんが好きな曲だとのこと。

自分もこの曲にはたくさん救われたなあ…。



また、たくさん良いものをもらいにいこう。そうしよう。
今回、めっちゃ人が来てしまったようで、カウンターの中にまでお客さんがいる状態になり
途中「お客様の中でPAが出来る方は~」なネタが出ました。
「お客様の中で譜面をお持ちの方は」というのもあった気がするんですが、また迷言がうまれたな。



最後に、小峰さんのこの言葉で〆よう。
「ZABADAK 吉良知彦、小峰公子でした!」
    19:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top